書 誌 全 頁 画 像 動 画 図書資料に関する統計 所蔵図書の概略 東洋文庫の利用の仕方
ハングル

東洋文庫 梅原末治考古資料 画像データベース

 この画像データベースは、梅原末治博士が多年にわたって収集された東アジア各地域における考古学資料のうち、東洋文庫に寄贈されたものを基礎として作成したものです。  文庫が所蔵する資料は膨大な量に上りますが、現在ここに公開するのは、朝鮮半島における調査(大正期〜昭和戦前)の結果収集された諸資料であり、遺跡遺物調査の記録、実測図、見取図、拓本、写真、調査の記録など多岐にわたります。これらには現地調査が現在不可能な北朝鮮の資料が多数含まれており、非常に貴重な資料となっています。
 画像データ各件においては、『梅原考古資料目録 朝鮮之部』(東洋学術協会,1966年)に基づいて、遺物・遺構名、資料の種別(写真、拓本、図面、記録などの別)、遺物の種類(例:「土器」「漆器」「車馬具」「仏像」)、出土地点、時代・時期などが示されており、それらをキーワードとして入力することで検索が可能です。また、東洋文庫所蔵の資料現物を閲覧・複写される方の為に、資料各件について請求番号を示すとともに、既発表報告書等の図版に利用されている場合は、その箇所も付記してあります。
 また、説明文中の参考資料が略号で示されているため原典を探しづらいというご意見に応え、参考資料についての調査結果もPDFファイルとしてご利用いただけるようにしています。  さらに、遺物の種類、地域、出土地点、時代、についてはハングルでの検索が可能となりました。検索語欄にハングルを入力して検索していただくことができます。
 2008年度は下記のリニューアルを行っています。 (DB構築従事:三宅俊彦 高津純也 内田宏美 石橋宏 中野耕太 長尾宗史 森西孝樹 脇本康史 柿本鶴子)

 ・「遺物の種類」分類を再構成、画像の分類しなおし
 ・参考資料略号調査
 ・不鮮明な画像の撮影しなおし
 ・ファイル形式をPNGへ変更
 ・画像の傾きなどの補正
 ・遺物の種類、地域、出土地点、時代、についてハングルデータの追加
   

         
最新のブラウザはこちらから → Safari (高速。推奨) FireFox (低速) IE (低速)
 
Last UpDate 2008/12/22  
   
 検 索 語 

タイトル 
遺物の種類 
武器 武具
農工具 馬具・車馬具
装身具 土器(陶質土器もここに含む)
陶器・磁器(高麗青磁など) 金銀器
銅器(銅製の容器・装飾品・金銅製品などを含む) 石器
鉄器 玉器
漆器・木器 ガラス容器
鏡鑑 瓦塼
仏像・仏具(舎利容器など)
布製品(絹布・絹織物・毛織物など) 銭貨
印章・文房具・楽器 明器(ミニチュア製品なども含む)
鋳型 墳墓及びその関連施設(木槨・塼室墓・壁画などを含む)
遺存体 寺院及びその関連施設(塔や鐘などを含む)
遺跡(土城・支石墓・貝塚など) 記録(手紙・日誌・原稿など)
その他(上記のカテゴリーに当てはまらないもの、種類が不明なもの全て)

(複数の属性を持つ遺物に関しては、用途を優先として種別分類を行いました。例:鉄剣(武器と鉄器の2つの属性を持つ)→用途を優先し「武器」として分類)

出土地点 (ex. 夢金浦貝塚)
時代・時期 (ex. 楽浪郡時代)
先史時代 石器時代 初期金属時代 楽浪郡時代/楽浪郡時代前期
三国時代 三国時代新羅 三国時代高句麗/高句麗時代 三国時代百済
三国時代任那 新羅時代(統一新羅時代) 高麗時代 李朝時代

(検索で使用している時代・時期は、梅原末治博士調査時の時代区分によるものです。現在用いられている編年とは、異なる部分があります。)



          全件表示


データベース作成と公開にあたり、財団法人東洋文庫は日本学術振興会 科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受けています。